来週国会解散 私達の政策は間違っていない

麻生総理は来週国会を解散し、衆議院の総選挙を行なうことを決断しました。投票日は8月30日で、長い選挙戦となります。先の東京都議会議員選挙で自民党は大敗しました。選挙の数日前に立候補した民主党候補は都議候補でありながら地元の住民票もなく、ほとんどまとまった演説もしないで大量得票するという信じられないような事も起りました。

確かに私達自民党にも反省すべき点はあるでしょう。特に選挙を前にして党総裁を替えようとする動きはヒンシュクをかっています。9カ月前に麻生さんを総理・総裁に選んだ以上、そして私達が進めている政策が間違っていない以上、たとえ厳しくとも麻生総理のもと戦うべきです。IMFが8日に発表した経済見通しによれば、日本経済については2010年に前年比で1.7%のプラス成長を予測しています。G7では最高の伸びとなる見方を示し、日本の経済対策を評価しています。私達の政策は間違っていません。

速やかにマニフェストを作成し、それぞれの議員が愚直に政策を訴えるべきです。