アジアの子ども達へ


こんにちは、安倍晋三です。
先週アジアの子どもたちに学校をつくる議員の会の会合が久しぶりに開かれました。

残念ながらマスコミではまったく報道されませんが、当会は、議員が月一万円の会費を払いその会費を積み立てて、アジアに小学校を作る事を目的とし、平成9年に設立しました。私は会長を務めていますが、会の実質的な運営は、山形県の遠藤利明衆議院議員が会長代行として取り仕切っています。

今迄にカンボジアに6校、ラオス・ミャンマー・タイにそれぞれ1校ずつ、計9校作ってきました。すべて「ともだち小学校」と名づけています。日本人によって作られた事を「ともだち」という言葉を通して知ってもらう為です。
校舎完成後には贈呈式を行います。
私も昨年カンボジアトゥナールトゥートンでの贈呈式に出席しました。子供達はもちろん沢山の地元の人達が出席し喜んでくれました。

カンボジアに既に100校以上作っている「JHP・学校をつくる会」をはじめ、沢山の日本のNPOがアジア各地域で学校を建設しています。
まだ貧しいアジアの国々の未来を創るのは教育です。しかし、まだまだまともな校舎が不足していますし、鉛筆等の筆記用具もありません。

昨年の贈呈式に同行した日本の小学生は、日本から持って来て配ったノートや鉛筆、消しゴムをほんとに嬉しそうに受け取り、お礼を述べるカンボジアの子供達の姿におどろき感動し、大切に使っていなかった事を反省していました。

今迄、安倍事務所で募金したお金も使わせて戴いております。ありがとうございます。

今年はベトナムに作る予定です。
衆議院の選挙後に贈呈式を行う事にしましたが、勝利し晴れて出席したいものです。