国の理想、形を物語るのは憲法

平成18年10月3日
衆院本会議

国の理想、形を物語るのは憲法であります。

現行の憲法は、日本が占領去れている時代に制定され、60年近くを経て現実にそぐわないものとなっています。

私は、今回こそ、私たち自身の手で、21世紀にふさわしい日本の未来の姿あるいは理想を憲法として書き上げていくことが必要と考えています。

今後、与野党において議論が深められ、方向性がしっかりと出てくることを願っております。

まずは、日本国憲法の改正手続きに関する法律案の早期成立を期待します。