憲法改正手続法案の成立を期し、憲法改正についての国民的な議論を高めたい

平成19年1月1日 年頭所感

本年は、憲法が施行されてから60年になります。

憲法は、国の理想、かたちを物語るものです。

新しい時代にふさわしい憲法を、今こそ私たちの手で書き上げていくべきです。

まずは、その前提となる、日本国憲法の改正手続に関する法律案について、本年の通常国会での成立を期します。

そして、 それを契機として、憲法改正について、国民的な議論が高まることを期待しております。