イラクより

こんばんは。
安倍晋三です。

私は今イラクのバグダッドに来ています。
25日深夜日本を発ち、26日、27日の2日間、政府特使としてサウジアラビアを訪問しました。

リヤドで開催された国際競争力フォーラムに出席し、基調講演を行いました。またサウジ政府要人と会談し、日本のエネルギー戦略上重要なサウジとの関係強化に努めました。

そして28日早朝ヨルダン経由でバグダッドを訪問し、政府首脳と会談しました。また日本・イラクパートナーシップ文書の署名式に日本政府代表として立ち会いました。

アメリカの米軍増派によって安全になってきたとはいえ、私が訪問することは安全上の問題から今日まで公開出来ませんでしたし、車の移動は前と後に警護車をつけて車列を組んでのノンストップ走行になります。

オバマ大統領の誕生で、米軍撤退も視野に入り、治安においてもイラクは自立しなければなりません。
イラクが国家として自立し成功した国となることは、世界の平和と繁栄に寄与します。
そのためにも日本は引き続き復興支援、経済・ビジネス関係の強化を行っていくことが重要です。

日本の国際社会に対する貢献は、日本の国益であり、子供達が日本人であることに誇りを持つことにつながります。
今夜アンマン、ドバイ経由夜行便で日本に帰ります。