オバマ新大統領

こんにちは。安倍晋三です。

今月20日、米国のオバマ新大統領が就任演説を行いました。名演説家で知られるオバマ氏だけに世界の注目を集めました。

しかし、意外にも地味な演説でした。極めて厳しい経済状況である為に、あまり期待値を上げない様にしたとの解説もありますが、どうでしょうか。
演説を比べれば、2期目のブッシュ大統領の演説の方がはるかに名演説でした。

いずれにせよ、大統領は今後、演説で国民の気持ちを鼓舞しながら、結果を出す事に全力をあげるでしょう。

ワイドショーやニュース番組の就任演説に対するコメンテイターの評論は、驚くほどワンパターンでした。オバマ氏の名演説に比べて麻生総理は何だという調子です。米国の大統領就任演説はおしなべて抽象的ですが、オバマ大統領の演説もそうでした。

もし日本の総理が同じ演説をしたら、抽象的で中身が無いとくさしたことでしょう。日本の報道姿勢は明らかに異常です。

あのコメンテイター達のコメントは、猿でも出来るコメントと言っても良いでしょう。

日本の欠点を語ることに情熱を燃やすのではなく、日本の未来の為に語り合おうではありませんか。